ゆきばやしは物理とお友達になりたい

物理学徒がいろいろ呟くブログです。

旅行記#1-1 計画編〈18きっぷの旅('18夏)〉

こんにちは、ゆきばやしです。

札幌に帰ってきています。先日の地震すごかったですね…。実家は停電し、その影響で水道も使えないという状況が2日間つづきました。私がこっちに帰ってきているときで本当に良かったなと思います。今はほぼ普通の生活に戻っています、心配していただいた方々ありがとうございました。仙台帰ったら懐中電灯とかラジオとか買っておこう…

こちらはとても涼しくて快適です、やっと楽園に帰ってこれました。

地震の被害が落ち着いてきた頃に某氏と札幌をお散歩してきたときの写真たちです。

札幌テレビ塔・時計台(工事中)


f:id:yukibayash:20180911085653j:image

f:id:yukibayash:20180911085300j:image

クラーク像・北大のセコマ


f:id:yukibayash:20180911085736j:image

f:id:yukibayash:20180911085616j:image

 

さて、前回の記事料理日記#3 - ゆきばやしは物理とお友達になりたいで、8月後半の予定が真っ白という話をしました。本当に何も予定が入らず暇そうだったので、旅に出ることにしました。私ぐらい暇な人は周りにいなさそうだったので、ひとり旅です。

せっかくなので、以前から憧れていた「青春18きっぷ」を使ってどこか遠くへ行くことにしました。青春18きっぷは、日本全国の普通・快速列車などに5回(1回=1人1日分)乗ることができるとてもお得な切符です。11850円、すなわち1人1日あたり2370円と考えるとコスパの良さがわかりやすいと思います。発売期間や利用期間は限られています。

(詳しくはこちら→http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/)

今回は旅程を組むところから当日出発するまでのことを書きます。

 

数少ない予定を考慮した結果、8月30日に仙台を出発、9月2日には東京に着く、という4日間の日程になりました。東京で2泊した後、飛行機で札幌に飛んでそのまま実家に帰ります(…という予定でした)。

次はどこまでどの路線を使って行くのか、どこで宿泊するか、などを考えます。旅の準備で一番楽しいところです。私が旅程を考える上で挙げた条件は次の通りです。

・名古屋で一泊する、翌日の昼出発

・電車がメイン(観光は時間があれば)

・往路で東京は通らない

・宿泊は大きめの駅で

これらの条件から、まずは仙台→どこか→名古屋→東京 というルートが決まります。

まず、仙台から関西方面に、1日でどこまで行けるのかを路線図と時刻表を見ながら考えます。当初は、仙台から新潟まで行って日本海側を南下したいと考えていました。しかし、18きっぷでは乗ることができない(※)「えちごトキめき鉄道」「あいの風とやま鉄道」を使わざるを得なさそうなので、新潟から長野方面に行くことにしました(※条件つきで乗れる区間もあります)。となると、1日目は 仙台→長野 の移動になることが決まりました。

 

2日目も同様にして、長野から関西方面にできるだけ行き、1日で名古屋まで行ける場所を探します。和歌山の方に行くか中国地方に行くか迷いましたが、なんとなく和歌山にしました。すなわち2日目は 長野→和歌山 です。

 

3日目は、和歌山→名古屋 で確定ですが、せっかくだからと和歌山県の海沿いを走るルート、つまり和歌山県三重県を通る紀勢本線で名古屋方面へ向かうことにしました。

 

4日目は、名古屋→東京 です。この区間は利用者が多い割に車両が少なかったりと座れる確率が低い(とくに静岡県の通過が18きっぱーにとって難所だそうです)という情報を耳にしたので、余裕を持って乗り換え出来るような旅程を組みました。

これにて計画を立てる段階は終了です。たのしかった。

 

つぎに宿泊の予約です。安いところを探すのがめんどくさかったので()和歌山と東京でしかホテルをとりませんでした。結局、ファミレスとかで夜を明かすのは1日だけでいいなーと思ったのと、天気が悪くなりそうという理由で、旅行2日目になって名古屋での宿をとりました。

 

8月30日、遂に出発の朝です。5時に起きる予定でしたが5時半に目が覚め、部屋の掃除やゴミ出しなどを済ませて出発。

 

次回は18きっぷの旅 1-2日目 を振り返って書こうと思います。

実家のねこさんです。

f:id:yukibayash:20180911084727j:image